端渓(麻子坑・老坑等)・歙州など書道硯販売の販売・買取専門店
ご案内 FAX 個人情報保護法
書道道具専門店書道道具専門店
絵手紙
絵手紙
赤ちゃん筆赤ちゃん筆
硯
篆刻篆刻
掛け軸 額 表装
表装
写経
写経
色紙
色紙
習字
習字
水墨画
水墨画
筆ペン
筆ペン
古本
書道専門書古本
ホーム硯用語集 あ行・か行

愛硯家 硯を愛する人のこと。
赤間石

山口県赤間ヶ関産の硯石
石質は凝灰岩とも粘板岩ともいわれている石色は、紫と緑の二種

鴉眼 カラスの眼のような模様の眼。端渓石に現れる石眼の一種
悪材 質の悪い硯
雨畑石

山梨県巨摩郡の産
石質は粘板岩石色は蒼黒、淡青緑、紫の三種

遺愛硯 古人が愛した硯
墨を溜めておくところ。
別に池とも言います。
墨を磨るところ

火捺かなつ

火で焼け焦げたような濃紫斑点。色彩が美しいので愛好家には親しまれていますが、この部分は石質が硬いので磨墨には不適当とされています。
臙脂火捺・馬尾火捺・金銭火捺・鉄捺などあります

眼 がん

硯石の中に円形で変色したようになっている部分。

黒、青、朱の点があり、まるで目であるかのように見えるところです。

この眼にも3つの種類があります。

活眼 - 黒い点が生き生きしている眼

涙眼 - 霞んでいる眼

死眼 - 輝きがなく、無色や黄褐色な眼

その他の種類

高眼 - 墨堂の外にある眼。一般的に重宝されます。

低眼 - 墨堂上にある眼。磨るとき邪魔になるので、あまり好まれません。

この眼は中世代に海底に生息していた虫の化石と言われています。

眼暈

端渓硯に現れる石眼に関する名前。

円形の輪の層

眼硯 石眼の現れている端渓硯
鑑硯 硯を鑑賞すること
岩仔坑

端渓の坑のひとつ

眼柱 石眼を柱状にして残し、墨池や硯背に並んだもの
眼皮

端渓石にあらわれる石紋の名
眼の外側の淡墨色の輪

魚子紋

歙州硯に現れる石紋の一種。
魚の卵のような細粒紋

金暈 きんうん  金色の紋
金花紋

歙州硯に現れる石紋の一種。
青黒色の地に、金色の花びらを散らしたような模様

金星

歙州硯に現れる石紋の一種。
金色の斑紋

銀星

歙州硯に現れる石紋の一種。

銀色の斑紋

金線

端渓硯に現れる石紋の一種。

金色の細い線で、ほぼ直線のもの

銀線

端渓硯に現れる石紋の一種。

銀色の細い線で、ほぼ直線のもの

五采釘

 小点が石面にあるもの

玉帯

ぎょくたい

白・黄・緑の玉質の帯状を示したもので、細線よりも太い線を言います

魚脳凍

ぎょのうとう

魚の脳のような白色の模様

水岩坑に見られる石紋

1.帯淡青白色

最高級の魚脳凍で、白色にかすかな青色。

2.帯白淡黄淡褐色

ベースは白色だが、淡黄色・淡褐色のような魚脳凍。

3.白色

紫色の中に白色の魚脳凍。

拒墨 硯が墨を受け付けない状態、磨れない状態をいう
鶏肝色

硯の色をあらわすときに用いる表現。

概して黒味の紫色のことをいう

下墨 墨のおり
硯陰 硯の裏側
玄昌石

宮城県桃生郡雄勝町産の石。

硯水

墨をするときに使う水。

基本的には何を使ってもよいが、熱湯だけは使わない方がよい

硯相 硯の容貌
硯側 硯の側面
硯台 硯の台座
硯拓 硯の拓本
堅密

硯石の質をあらわすときに使う言葉。

強度があり、密度の高いものをいう

硯面 硯の表側
高眼

端渓石にあらわれる石眼の名称。

墨池や墨堂の外側にあらわれた眼をいう。中央の最上部にあらわれたものが貴重とされている。

虹霓文

こうげい

虹のような文
坑子岩

端渓の硯坑のひとつ。

黒端

端渓石の一種。

全体的に黒色の端渓石で、水坑からとれるものと、山坑からとれるものの2種ある。

古硯

古くにつくられた硯を総称していう。

目安としては百年以上前のものがそれにあたる

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス